うつろぐ

Webアプリやソフトウェア開発で、役に立たないかもしれないけど、面白いことがしたいです。

ニコニコ動画は見るのに気力が必要すぎる

この記事は総コン Advent Calendar 2019 - Adventarの18日目の記事です。P班、または旧ゴミ班枠の記事のつもりです。なんも作ってないけどゆるして。
ぼくは最近本当にニコニコ動画を見なくなっちゃいました。別にニコニコ動画が嫌いな訳ではないけど、ニコニコ動画にしかできないこと・ニコニコ動画にしかないコンテンツはいっぱいあると思うけど、何故かYouTubeに吸い込まれてしまいました。同じことを感じてる人は結構いると思うし、それぞれにそれぞれの理由があると思うけど、僕の場合の理由を考えてみました。ポエムです。

YouTubeが大好き

まず最近ぼくがYouTubeをどう使っているのかについて書こうと思います。
最初にバイスについてですが、PCとスマホで見ています。PCでのYouTubeの用途としては、作業用BGMを流すというのが殆どです。かなり特殊かも。一般的なYouTubeの用途であろう「暇つぶし」については、ほとんどスマホでやっています。なので、これ以降はスマホでの暇つぶしの話をしていきたいと思います。
次に、何をどう見ているかについて書きます。見ているコンテンツと何経由で辿り着くかをざっと箇条書きにしてみました。

・邦楽
 ・ホーム
 ・関連動画
・音ゲーっぽい曲
 ・ホーム
 ・関連動画
 ・登録チャンネル(SDVX譜面保管所など)
・音ゲーのプレイ動画
 ・登録チャンネル
・VTuberの配信/切り抜き
 ・登録チャンネル
 ・ホーム
 ・関連動画
・実況者の動画
 ・登録チャンネル
・オモコロチャンネル
 ・登録チャンネル
・耳かき音声
 ・登録チャンネル

全てメニューバーの「ホーム」か「登録チャンネル」、あるいは「関連動画」経由でした。ここが地味に重要です。YouTubeには他にも「急上昇」という人気のコンテンツを列挙するメニューがあるんですが、使ったことがないです。
YouTubeでこれだけのコンテンツを摂取していて半分満足してしまっている僕ですが、動画として興味のあるコンテンツはこれ以外にもけっこうあります。ちょっと昔にニコニコ動画で見ていたコンテンツ群です。次はそれについて触れます。

別にニコニコのコンテンツに興味はある

ちょっと昔にニコニコ動画で見ていたコンテンツ群を列挙してみました。

・音MAD
・モーレスター
・してみた系列(歌ってみたなど)
・ボカロ曲

このうち音MAD、モーレスター、してみた系列はいわゆるCGMという流れの中にあるコンテンツです。タグ検索、コンテンツツリー等の機能がCGMを発展させる上で未だに最高の機能だと思っているので、この辺りのコンテンツにはまたどっぷり浸かってみたい気持ちがあります。
ボカロ曲に関しては、最近YouTubeで新曲を投稿する人も増えてきていて少し危機を感じています。ボカロPに「別にYouTubeでもいいじゃん。」とか思われてそう。ただ、楽曲投稿の始まりがニコニコ動画なので、未だにニコニコ動画にも新曲がたくさん投稿されています。ボカロ曲を探す際にもタグ検索が便利だったりします。「初音ミク」「鏡音リン」などのタグで特定のボカロが歌う曲を探したり、「VOCALOID幻想狂気曲リンク」などのタグで曲の印象で探したり
このように、ニコニコにしかできないことはたくさんあります。あるんですけど、なかなかやる気にならなくて...

ニコニコ動画公式アプリ、駄目すぎ

ニコニコ動画を見なくなったのは、親にスマホを買ってもらってからかもしれません。僕のスマホAndroidで、初めからYouTube公式アプリが入っているのが大きいかもしれません。ただ、後からニコニコ動画公式アプリを入れたときに、強烈な違和感があったんですよね。正直、ニコニコ動画が悪いんじゃなくて、ニコニコ動画公式アプリが悪いと思ってます。ここが一番言いたいとこです。
YouTubeが大好き」で、僕がYouTubeで見ているコンテンツは全てメニューバーの「ホーム」か「登録チャンネル」経由だと言ったと思います。ニコニコ動画公式アプリの、この「ホーム」及び「登録チャンネル」にあたる機能が貧弱すぎます。見たいものをこちらが探さないといけない。タグ検索をするにしても、そういう検索行為ってとりあえず何か動画を再生してみて、検索したいものを思いついてその気になってからするものだと思うんです。

レコメンド

f:id:Distorted_Unchi:20191218221601p:plain:w500
YouTubeの「ホーム」では、レコメンド(ミックスリスト含む)が無限に出てきます。「何か良い動画ないかな~~~」って雑にスクロールしてるだけで見たい動画が見つかります。対して、ニコニコ動画の「ホーム」では、人気の動画や人気の生放送、おすすめの動画(レコメンド)、注目の番組、TVアニメなど、人気コンテンツに力を入れてますね。この人気のコンテンツの部分はYouTubeでは「急上昇」にあたります。正直、人気のコンテンツを見ても自分の好きそうな動画が見つかりにくいです。もうそれだけでニコニコ動画のユーザー層から外れてるのかもしれませんが。おすすめの動画ではレコメンドを提示してくれますが、無限には出てきません。15件だけです。この、「何か良い動画ないかな~~~」に対するアプローチが自分には弱すぎたということです。
ただ、ニコニコ動画のレコメンドの全てが良くないかというとそうではなくて、動画を再生すると出てくる「関連動画」はニコニコ動画でも優秀です。25件出てきます。こっちの方が多いんかよ。YouTubeだと15件です。加えて、YouTubeでは「関連動画」でも「ホーム」と同じノリで幅広いレコメンドを提示してきますが、ニコニコ動画の「関連動画」はその動画に密に関連した動画を多く提示してくれるという違いがあります。僕は「関連動画」は本当に関連している方がいいかも、と思うので、ここはすきです。

登録チャンネル/フォロー

f:id:Distorted_Unchi:20191218221031p:plain:w250
YouTubeの「登録チャンネル」では、登録しているチャンネルの新作が一覧できます。この機能だいすき。一仕事終えて休憩や暇つぶしのタイミングでここを見るのがいい。対して、ニコニコ動画公式アプリにはメニューバーにこの機能が存在すらしません。ではどうやってフォローしている人の新作を追うかというと、①新作投稿のプッシュ通知、②マイページ→フォロー(ユーザー)→ユーザー選択→投稿動画の2通りです。①は仕事や作業の途中にスマホに通知が来ると「ああああああああああああああ」となり、個人的な理由かもしれませんがあまり好きじゃないです...。②は言わずもがなめんどくさすぎます。
f:id:Distorted_Unchi:20191218221052p:plain:w250
こうして
f:id:Distorted_Unchi:20191218221104p:plain:w250
こうして
f:id:Distorted_Unchi:20191218221116p:plain:w250
こうです。階層が深すぎる。
どうしてこういう仕様になっているのか、少し考えたんですけど、ニコニコ動画にはYouTuberのように恒常的に動画を投稿するユーザーが少ないから、特定のユーザーの動画を追う使い方よりも、ニコニコ動画に溢れている動画の中を探し回る使い方の方を想定している可能性はあります。今のところその使い方には未だにエネルギーが要りすぎだと思うので、難しいところです。
あと、恒常的に動画を投稿するユーザーが少なすぎて、YouTubeの「登録チャンネル」と同じ機能を実装しても、全然更新されないのかも。それを確かめる意味でも、一回実装してみてほしいけどな~。

おわり

以上、スマホから全然ニコニコ動画を見なくなっちゃった人の、ニコニコ動画公式アプリのUXに対するポエムでした。